腕時計の歴史・辞典

ロレックス デイトジャスト ターノグラフ 

  • ロレックス デイトジャスト ターノグラフ 

1954年にエクスプローラーやサブマリーナーと同時に発表されたターノグラフは回転ベゼルを持つオイスター・パーペチュアル(防水・自動巻き)です。デイトジャストの中で回転ベゼルを持つものがターノグラフです。

名前の通り、「ターン・ゼロ・グラフ(ゼロに帰る)」という意味の独自の回転ベゼルが特徴的です。

2004年に回転ベゼルを持つデイトジャストとしてターノグラフが復活しました。
デイトジャストで唯一の回転ベゼルと「TURN-0-GRAPH」という赤の刻印、赤い秒針が特徴的です。

Ref.116264でムーブメントにCal.3135を搭載しています。 高級感の中にもスポーティーさがあって、ロレックスらしいデザインです。

まずは無料査定
24時間受付中!ゆうパック買取申し込み
twitter

店舗でも毎日高額買取!

店舗でも高額買取
スマートフォン用サイトはこちらから
まずは無料査定
24時間受付中!ゆうパック買取申し込み


↑ページトップ